A.C.E.

またまた前回に引き続いて現場のT口です。 今回は本編からは少し離れて、我らがナナジンとオウカオーを参戦させていただいた例の ゲームの裏話でございます。 「A.C.E.」 さてさて、発売から約一ヶ月ほど経ち、購入された方はそろそろナナジンもオウカオーも 登場した頃でしょうか。 そう、バンプレストさんから発売されたPS2用ソフト『アナザーセンチュリーエピソード 2』、通称『…

続きを読む

第3話「地上人のオーラ力」いよいよスタートです

第2話配信開始からあっという間に1ヶ月たってしまいました。 第1話ほどお待たせせずに、本日第3話「地上人のオーラ力」の配信を始めさせて頂きます。 見ていただければわかると思うのですが、今回も前回に増してテンションがアップし、勢いを増 したドラマ展開やオーラバトラーの見せ場も楽しんでいただけると思います。 今回もスタッフ一同、必死に力を合わせた作品ですので、一週間の間じっくりと何度も見…

続きを読む

『バイストン・ウェル』を創った人

と、言うわけで前回に引き続き現場のT口です。 今回は、『リーンの翼』の舞台であるバイストン・ウェルについての裏話でございます。 『バイストン・ウェル』を創った人 第1話のラスト、エイサップら地上人5人を巻き込んでオーラロードは開き、バイストン・ ウェルという 異世界への門を開きました。 第2話を御覧になられた方はお解かりの通り、 エイサップとリュクスが引き込まれた水…

続きを読む

ナナジン、命名秘話

どうも、ご指名をいただいた現場のT口です。 今回は主人公機(?)であるナナジンについての裏話です。 「ナナジン、命名秘話」 オウカオーの兄弟機として作られ、強大なポテンシャルを秘めつつも、乗りこなせる者がいないばかりに 格納庫に放置されていたナナジン。 劇中でも可哀相な扱いを受けてたナナジンですが、制作過程でも中々の不遇の扱いを受けていました。 初期のプロットでナナジンは…

続きを読む

ごっちゃんです。

どうも、湯Pです。 広報M氏、温野菜、ごちになります。 みんなのスケジュールも、ちゃんと調整しました。 あとは行く店だけです。 広報M氏、よろしくです。 それはさておき、「リーンの翼」本編のアフレコが結構、進んだこともあり、 某話のアフレコ終了後、解説書用にエイサップ役の福山潤さんのインタビューを させて頂きました。 さすが「ターンAガンダム」にご出演されていた事もあ…

続きを読む

審判の日

4月25日23時30分、掟の三日間が過ぎようとしていたまさにその時、K内が教えてくれて気づきました。 23時45分、慌ててブログを書いた私は、いつも通りアップしてもらおうと宇都Pにメールで送りました。 「添付、忘れてますよ!」K内の声に青くなる私。その時すでに23時57分…。 K内が最速でアップするも、その時すでに…0:00分の表示 この疑惑の0:00分表示をめぐって、三日の掟しゃぶ…

続きを読む

リーンの翼のサイズは4.3cm

GW中も休みとは関係なく会社に来て、ちょろちょろと仕事をしていました。 ひとしきりリーン関係や、その他もろもろサンライズさん関係の仕事をしていたら、 自分の机の汚さに急に気になり始めました。 これではイカン。 そう思い始めて、このタイミングでいろいろな資料をキチンとファイリングしよう!と決意しました。 もちろん机の上に一番大きな山を築いているのは、リーン関係のさまざまな資料です…

続きを読む

5話カッティング終了

 ゴールデンウィークとかは関係なく、5話のカッティングが終了しました。休みの日に仕事に出てくると、なぜか天気が良いことが多い気がしますね。うらめしい。 そんな第5話は怒涛の展開!トミノアニメならではの驚きの展開です。ご期待ください。  掲載した写真は制作スタジオ会議室のANNAさんサイン入りポスターです。どうしてかカントクのサイン入りポスターがとなりに仲良く並んでいます。 実は…

続きを読む

4/25 0:00のこと

昨日慌てて書いたために、うっかり名前すら名乗り忘れた広報Mです。 UPしてみたら時間が4/25 0:00と表示されました。 やはりこれはアウトなのでしょうか・・・? 言い訳をいわせてもらえるならば、書いたのはタイムリミット20分程前でしたが如何せんUPの仕方が・・・ ここは皆様のお裁きにお任せします。 さて話は変わり、最近BV社のT井さんとは、恋人同士のごとく毎日会っています。…

続きを読む

解説書は「リーンの翼」演出ノート

T井です。 いよいよ明日、リーンの翼・DVD第1巻「招かれざるもの」が発売になります。 このDVDの封入特典である「解説書」。 特典BOXに続き、これもただものじゃありません。 オールカラー20ページのボリュームで、富野由悠季監督インタビューと 絵コンテによる「演出術」を解説した、いわば「リーンの翼」演出ノート。 名著「映像の原則」の「リーンの翼」版とも言える充実した内容…

続きを読む

DVD初回特典BOXには

T井です。 いよいよ4月26日発売の『リーンの翼』DVD第1巻の初回特典である「全巻収納BOX」は 本編にビジュアルコンセプターとして参加されているokamaさんの描き下ろしイラストを 使用しています。 このHPでも写真つきでご紹介していますが、バイストン・ウェルの世界観の中に、 オーラバトラーとキャラクターたちが溶け込んだ見事なイラストになっています。 このすばらしいイ…

続きを読む

第2話「ホウジョウの王」もう少しで配信開始です!

たいへんお待たせいたしました! あと数時間、4月21日に第2話「ホウジョウの王」を皆さんにお届けできます。 (配信会社によって開始時間が異なりますが、ぜひこの週末にでもゆっくり ご覧になってください。第1話同様、見るたびに新しい発見を見つけることが できると思います) 4ヶ月前の12月10日にファースト・プレビューを開催してから、ずいぶんと 時間がかかってしまい、本当にゴメンナサ…

続きを読む

スタジオの様子

ふられている事に全然気づいておりませんでした。 web担当K内です。 危うく温野菜第1号になるところでした。 教えてくれた同僚のT氏に感謝。 今回はスタジオの様子を紹介したいと思います。 1枚目 某Pの机です。 留守でしたので勝手に撮っちゃいました。 勝手に撮ったので怒られるかもしない…。 やばいもの写ってないですよね? 2枚目 某Tさんの仕事風景。 一見普通…

続きを読む

成分分析

前回はショックのあまり自己紹介もせずに書いてしまいました、T井です。 谷口さん、ありがとうございます。 掟の効果てきめんで常に無意識のうちにネタを探してしまうこの頃です。 それはさておき、私の周りでも密かに流行中の「成分分析」。 名前を入力するとその成分を解析してくれるというアレです。 さっそくやってみました。 リーンの翼の成分解析結果 : リーンの翼の94%はやさしさで…

続きを読む

Pは見た!

どうも湯Pです。 次のブログ原稿の担当が僕だとは気づかず、ひょうひょうと今日まできてしまいました。 危なかった(しかも誰も教えてくれないし)。 今後は注意しよう。 先日、新宿の某書店のコミックコーナーで富野監督をお見かけしました。 声をかけようと思ったら、 「ここじゃない!」 と叫びながら出て行かれました。 ちょっとビックリして声をかけそびれちゃいました。 でも…

続きを読む

第3話の予告はスゴイよ!

ちょっと前に第3話の予告映像の編集がありました。 夜10時すぎにカントク、演出の五十嵐さん、河Pさんと都内某所の 編集スタジオで合流して予告映像の編集スタート。 作業を進める中で、もともと用意していた予告映像を変更することに なりました。 そこからのカントクがすごい! 「そこから6フレ切ってください!」 「あ!そこの口パク、一つめは残して二つめは切っちゃってください」 …

続きを読む

「リュクスの秘密」

どうも、現場の谷口です。 約束通りの裏話スタートです。 「リュクスの秘密」 サコミズ王の娘にして、エイサップと恋愛関係になるヒロイン、リュクス・サコミズ。 今でこそ立派な悩めるヒロインを務めている彼女ですが、制作の初期の頃は存在すら ありませんでした。 ヒロイン不在なのはどうか・・・、ということもあり、大戦中の聖戦士であるサコミズと、 戦後の聖戦士であるエイサップを結ぶキー…

続きを読む

遅ればせながらの初参加です。

3日の掟やら温野菜やらよく分からないままに召喚された谷口です。 個人的には肉が食いてぇのですが、考慮されるのでしょうか? ともあれ、参加するからにはきっちり書きますので、以後お見知りおきを・・・。 挨拶もそこそこですが、私はこの裏トミノブログにいくつかのご不満の声を いただいております。 その一つが、”三日の掟”メンバーの紹介がキチンとされていないので、 誰が書いてるのかワカラン…

続きを読む

カントクとセルシオ

私もカントクのセルシオ、運転したことありますよ。 カントクとセルシオの組み合わせはヒヤヒヤしますね。 ちょうど今日も某アニメ学校へ講演に行く予定があったので 私「会社の車で迎えに行きますよ!」 富『たまにはウチの車も動かしてやったほうがいいのよね。』 カントクのご自宅にお迎えに行くと奥様が 『Mさんに運転してもらうんでしょ?』 ・・・僕の運転で行くことになりました。 …

続きを読む

ビデオ編集…

昨夜はビデオ編集だったので、杉並の上井草から目黒の編集スタジオまで、カントクのセルシオを運転して突っ走りました。 本当はサンライズのヴィッツで行くはずが、後部座席の背もたれの倒し方が分からないと、カントクがゴチャゴチャした挙句 「普段動かさないから、たまにはうちの車で行かない?」 と言いだしたのです。 セルシオをスタジオの前にもって来るなり、「はい、運転して」とカントクからキーを渡さ…

続きを読む

直前のご連絡!皆さん、早起きしてください!

なに!?BV社のナナジン君は出撃不可能?ならばもう一度自分が書きましょう。 そうそう、この間、富野監督がTVの取材を受けました。 「座右の銘」ならぬ、「座右の書」を教えて下さいというものでした。 監督の劇構成の基盤などをお話してもらいました。 それが何と明日4/6朝4:40~4:55の時間帯にフジテレビの「めざにゅ~」内で放映されます。 皆さん是非ご覧ください!

続きを読む

4月3日(月)

今日はわがS社の新入社員のお披露目会と会社の方針発表会でした。 今朝、監督に電話で 「今日方針発表会です。(いらっしゃいますよね?)」 って言ったら 富「僕は行かない。」 ですって。前々回は部屋の外で―――――でしたね。 あの時はみんなヒヤヒヤしてました。 さて、昨日の「情熱大陸」で われらが「リーンの翼」のテーマ曲を歌ってくれている 土屋アンナさんがクローズアップされてい…

続きを読む

勉強熱心

先日あった「リーンの翼」のアフレコ休憩時に、 富野監督は、「ウェブ進化論」という本を読まれていました。 僕も本は買っていたのですが、なかなか読む時間がとれなくて 富野監督の、時代の流れに対する考え方と、その勉強熱心ぶりには感服してしまいました。 僕も、もっと頑張ろう。 ああ、今回、オチがないや。 次回は、向さま、よろしくお願いいたします。 湯P

続きを読む

4話アフレコ終了

今日は4話のアフレコでした。 今日のアフレコスタジオは、新宿近辺の某ARスタジオさんでした。朝、そのスタジオに向かう道で、ブレンパワード企画の頃を思い出しました。 ブレンパワード最初のカントクメモでは、ブレンは奥多摩のヘルスセンター地下で作られた気孔で動くロボだったのです。伊佐美勇くんはそこの合気道道場へ通って気孔を身につけているという主人公でした。 企画に当たってカントクと私…

続きを読む

3話ダビング終了

つい先日、3話のダビングが終了しました。 音響スタッフに無理を言ってスケジュール調整を頼んだため、ダビングは深夜作業になってしまいました。一通り終わったのは深夜3時。2チャンネル版の収録まで終わって、私らプロデューサーが引き上げたのは朝6時。音響スタッフの皆様お疲れ様でした。いつもありがとうございます。 カントクには3時の時点で引き上げてもらいましたが、帰り際にヨボヨボのふりをして「…

続きを読む

監督、おめでとうございます!!

俺は名乗っていないぞ!! さて、3月25日(土)東京国際アニメフェア2006で行われた第5回東京アニメアワードの劇場映画部門で『機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-』が優秀作品賞を受賞しました。また、個人部門の監督賞を同タイトルでわれらが富野監督が受賞しました。 付き添って行ってみたものの、業界関係の偉い様方がおられる中、わたくし居場所に困り、監督の横にしばらく居座ってしまいました。 …

続きを読む

「三日の掟」には・・・

裏トミノブログ と、いう訳で、ついに末席の私にも白羽の矢が立ちました。 最初に申し上げておきたいのですが、「三日の掟」には土日祝日は含まれないと聞いております。 いやホントに!湯Pさんも言ってましたもん!! 失礼。つい幼児化までしてしまうのも、「三日の掟」を誓い合ったスタッフのある方から以下のようなメッセージをいただいたからなのです。 そうか、「三日の掟」はお題目な…

続きを読む

カントクこわい!?

掟メンバーの中でぼくが、カントクとのおつきあいが一番短い。 この「リーンの翼」ではじめてご一緒した次第。 なので、この作品をはじめるとき、 まわりからカントクはこわい!だの、キツイ!だの、よく怒鳴る!だの、 上司から先輩、後輩、業界関係者、掟メンバーからいろんな噂を聞いた。 聞くと、なんだかどれもこれも真実味のある噂なのだ。 おっかない。注射の列に並んでいるみたいにおっかない。 …

続きを読む

徹夜の魔力

『三日の掟』を提案したとき、僕は某タイトルのビデオ編集作業で、ほぼ徹夜でした。 (まあ、1時間くらい仮眠をとりましたが) しかも、その前日の睡眠時間は3時間で、さらにその前日は4時間でした。 はっきりいってキツかったです。 35才を過ぎると、もう無理は出来ないのだと実感しながら、 その日、一日で3本ほど栄養ドリンクを飲みました。 しかも高いヤツ。 新記録です。 そんなキツい状…

続きを読む

カントクとの関係?

カントクとの関係をテーマにブログを書けとの事ですが、気楽に書けるわけありません。 お互い何を考えているか、腹の探り合いをするのが監督とプロデューサーなのです。見つかるかもしれないこのブログで、うっかりこちらの腹を晒すことはできないのです。 いよいよ、最終回のコンテも完成しつつあるので、リーン制作もこれからが正念場です。  今夜NHK教育TVで、なぜかガンプラ設計士の方を取り上げた番組を…

続きを読む