裏トミノブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS さかのぼること17年前

<<   作成日時 : 2005/10/29 19:26   >>

トラックバック 2 / コメント 0

画像
このブログ、楽しみにしている方がいらっしゃるようで、ありがたいです。
しかし、あまり盛り上がっちゃうのは不安です。なぜなら、見つかっちゃうかもしれないからです、あの人に…。まぁ、その時はその時に考えよう。
ちなみに、このブログは私以外の関係者も書くはずです。多角的な視点でカントクの日常、制作現場の空気を紹介できればと考えています。

 なんとか、面白いネタを思い出そうとしているのですが、三十を越えてから記憶がぼやけ始めているので、とりあえず順番に私がサンライズに入った頃のことから書きます。
「ZガンダムU恋人たち」の封切りを迎える今週、これも映画にまつわる話です。

 私は17年前、制作進行としてサンライズに入りました。当時は10人受けて8人採用というくらいの広き門でした。今なら落ちていると思います。
4月からの採用だったのに、年が明けて当時の制作部長の岩崎さんから、「人手が足りないからバイトで来てくれ」という電話がありました。就職をアニメ業界に決めるかどうか、まだ迷っていた私でしたが、岩崎部長の半生記を聞いた末、2月の半ばにサンライズへ行きました。
午前10時に本社へ着いて、岩崎部長から「『逆襲のシャア』の現場で人手が足りなくて困っているから、手伝いに行ってくれ」と言われ、11時に本社から少し離れた第2スタジオに行きました。
当時の2スタは今と違う所にあり、天井が低くてちょっと薄暗い印象のところでした。「今日から入った新人です」と挨拶をしてスタジオ内に入ると、電気の消えた部屋には一人だけ。しかもその人は徹夜明けらしく、机に突っ伏して寝ていました。その人が身を起こし、こちらを見て、
「…新人?いらねーよ」
その人は、今や『ノ○イン』の監督をされている赤Nさんでした。「忙しいのは昨日で終わったよ。何、考えてるんだ、本社は!」
今から思えば、3月の公開を前にして、ダビング前差し替えが終わった頃だったのでしょう。私が迷っている間に、忙しさのピークは過ぎていたのです。その後、赤Nさんからは一時間にわたってサンライズの悪口を聞かされ、午後になって現れた先輩達からも同じように言われ、「失敗だった、俺の就職は…」と暗澹たる気持ちになったのでした。
(この日、朝の弱い私は遅刻するまいと徹夜していました。なので、午後になると眠気に襲われ、あてがわれた机に突っ伏しました。後に先輩達から『初日に寝た新人』の称号を賜ることになりました)

そうやって先輩達にからかわれながら、わけも分からず制作の使い走りをしていた3日目くらい。とうとう、あの人が現れたのです。
 「おっ早よっ。見て、見て、これイッセイミヤケ」
 黒くて長いコートを両手で広げながら、しなっとポーズをとるカントクがそこに居ました。これがじかに見る初めてのカントクの姿でした。
 制作の先輩達は皆立ち上がって「おはようございます」と挨拶。中には「カントクさすが、いいコートですねぇ」と卑屈なことを言う人もいます。えもいわれぬ緊張感です。
 その後、スタジオで怒鳴っている姿や、ハイテンションで笑っている姿を目の当たりにしたのですが、その複雑な人間性をもった人物が、私の人生に大きくかかわってくるとは、その当時は予感もありませんでした。
 
『逆襲のシャア』は3月に無事、封切を迎えました。封切日は人員整理手伝いのため、制作スタッフは新宿松竹前6時集合せよ、と内田プロデューサーからの命令がありました。朝、行ってみると先輩達は遅刻していて、制作はバイトの私しかいません。
並んだお客さんが多いため、急遽早朝の上映を行うこととなりました。カントクや偉いさん達も駆けつけています。お客さん達が劇場に入り始め、カントクがひとりひとりに挨拶をするその横で、私は宣伝担当の井口さんを手伝いお客さんにポスターを配る係りになりました。
その頃になって、ようやく先輩達も現れました。先輩達は内田プロデューサーの目線攻撃をもろに浴びてなすすべ無し、という状態でした。
すべてのお客さんが劇場内に入った後、私はこっそりと立ち見の人の肩越しで、初めて『逆襲のシャア』を見ることができました(スタッフ試写には連れてってもらえなかったので)。
「はやい、はやいよ、展開が!」劇場用に始めてカントクが作ったオール新作画の映画は、とっても密度の濃い内容でした。驚きました。私がリテーク直しでセルを切り張りした戦艦たちも、堂々と宇宙を進んでいきます!
後年、直にカントクと仕事をするようになって、「この時、横でポスター配っていたのは私ですよ」というと、「えー?覚えてない!」という返事。ま、当然でしょうが…。

公開後、『逆襲のシャア』班は解散。先輩達もバラバラになって新番組へと散っていきました。最後まで行き場の決まらなかった私も、ついに『シティハンター』班へと貰われていきました。
そしてカントクとはこの4年後、『Vガンダム』で再会することとなるのです…。

今日はここまで。また思い出したら、書きます。
(河P)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リーンの翼
ZUでは惨敗し、息消沈して富野さん関連をサーフィンしていたらなんと ダンバインの新作を製作するという記事を発見。 しかもオーラバトラーも出てきそうだし、総監督としてかなりの意気込みがあるみたいです。 ...続きを見る
引篭もりぎみなKAZのつぶやき
2005/10/30 10:58
富野監督の誕生日でした
 昨日11月5日は私の尊敬する富野由悠季監督の誕生日でした。 ...続きを見る
かまぼこくんと環境観測衛星すばる
2005/11/06 00:14
さかのぼること17年前 裏トミノブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる